あみの生活

生活について語ります

PCPDの価値観を押し付けるな

 

パーソナルカラー(PC)やパーソナルデザイン(PD)という考え方ってほんとよく知られるようになったよね

 

わたしは特にパーソナルカラーという考え方に助けられた。

 

わたしは肌が焼けやすいこともあり、冬だけ肌色が明るくなるくらい

一昔前まではBAさんが勧めるファンデの色が暗め、チークカラーは大体コーラルだった。

 

ただ、ロイヤルブルーのニットを着たり、青みピンクのチークをつけたときに肌が明るく抜けて、顔色が良くなるのが不思議だな〜程度に思ってた。そういうときって他人からも似合ってるって言われるし。

色黒のわたしに、何で色白に似合いそうな色が似合うんだろうって思ってたんです

 

んで、パーソナルカラーという考え方を知ったとき、ああ、そういうことだったのか!と思った。

イエベ=色黒

ブルベ=色白

と思い込んでた世界から、選べる色の選択肢が一気に広がったんです

 

わたしはプロ診断を受けたことがないので、自分のパーソナルカラーはわからないんだけど、彩度の高い色で、青み寄りの色が顔色が良く見えることが多い。

 

 

ただ、パーソナルカラーを知ったあたりで、気になるようになったのは、「PC春なのに、秋の色はないでしょ〜〜!」とかいうPC原理主義者が現れ始めたことです。

 

 

PCPDはあくまで一つの考え方であって、絶対的な正解ではないのに、どの立場で断罪のようなことをしているんだ?

 

似合おうが似合わまいが自分の好きなものを身につけて、なんでそれを正しい正しくないって他人が言えるの?

PCPDが唯一無二の絶対的な指標でもないのに。

 

 

 

 

わたしはPCPDという考え方にとても助けられた。自分の世界がほんとに広がった。

けどこの考え方がいつ何時誰にとっても有益かといえば、答えはNOだと断言できる。

 

 

自分にとっての正解が、誰にとっても正解ではない。

日々いろんな出来事に対面する中で、揺らぎそうなこのことを忘れないように気をつけなきゃいけないなと思う。